つみ木の家々

寿命について

家族で住む家

寿命がある

外壁塗装には寿命が存在します。
そのために寿命が過ぎてしまうと外壁からボロボロと剥がれ落ちてしまいます。
寿命でボロボロになりそうな感じがしてきたら塗替えを行うようにしましょう。
寿命は種類によって大きく変わってきます。
例えばアクリル系の塗料は6~7年、ウレタンは8~10年、寿命が長いものですとフッ素の15~20年というものが存在します。
塗り替え時期が長いほど塗料の質は上がっていき、金額の方も高くなっていきます。
寿命が長いものを選んで購入するか、短いスパンで塗り直しを行うものの金額が安いものを選ぶかは好みにもよるかもしれません。

種類によって違う

外壁塗装の塗料は主にアクリル系、ウレタン系、シリコン系、そしてフッ素系の4つに分けることが出来ますが、それ以外にも溶剤タイプと水性タイプといったものなど更に分類分けされていきます。
したがって一般的に寿命が短いと呼ばれているものの種類に入っているものでも、寿命や金額が異なってくることがあります。
例えば同じシリコン系の外壁塗装の塗料でも細かい違いによって、1巻1万円のものもあれば3万円以上するものも存在するのです。
他にも様々な機能が備わっているものも存在し、こだわろうと思えばとことん拘ることも可能です。
寿命の関係とコストの関係で一番進められやすいのがウレタン系の外壁塗装の塗料です。
これは比較的コストパフォーマンスもよく、寿命もあるので、安心して利用することが可能です。

Copyright(c) 2015 外壁塗装を行う事で住宅を美しくリフォームする. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com