つみ木の家々

種類について

本と家

4つの特徴

外壁塗装は主に4つの種類に分けることが可能です。それは「アクリル系」、「ウレタン系」、「シリコン系」、そして「フッ素系」です。
それぞれに特徴が存在し、外壁塗装を行って貰う時に選ぶことができます。
まずはアクリル系です。これは一番安価で購入することが出来る外壁塗装の塗料です。寿命が短いのでよく汚れやすく、ヒビが生じやすいです。
次にウレタン系です。これはアクリル系よりも仕上げがとても柔らかく、コストと性能のバランスがとても良い塗料でとても人気が高いです。
シリコン系のものはウレタン系と基本的にはあまり変わらないのですが、ウレタン系よりも一般的に汚れにくく、かつ寿命も少し長いという特徴があります。
そしてフッ素系、これは一番良い外壁塗装の塗料だといわれています。特に外壁よりも屋根に使われる塗料です。
外壁塗装の中では一番質が良い塗料になるのですが、その分コストも高く掛かってしまいます。

どれを選んだらよいか

外壁塗料を選ぶとき、どれを選べばよいか迷う方は少なくないでしょう。
勿論コストに余裕があるのならば、フッ素系を選んでもよいでしょう。
しかし必ずフッ素系が良いかというと、これは人の好みに別れてしまうのです。
例えば、寿命が短ければ短いほど塗替えをおこなわなければいけないデメリットは存在しますが、定期的に塗替えを行うことによって美しい外見でいることができます。
外壁塗装の寿命は長いものの、手入れをしなければ段々と汚れてきてしまうのは仕方がないことなのです。
そのためにある程度経ったら塗替えを行い綺麗な外見にという方は、コストが安く定期的に塗替えを行う塗料でも問題ないということなのです。

Copyright(c) 2015 外壁塗装を行う事で住宅を美しくリフォームする. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com